概要

<対象>

産後を経験された母親(子どもが未就学児まで)

<調査方法>

よつば助産院を過去に利用された母親に対してアンケート用紙を郵送
子育て支援センターでの教室の際に参加された母親にアンケートを記入してもらう
協力者による子育て世代へのアンケート配布および回収

<調査期間>

2019年9月~10月

<回答数>

249名

<総括>

  1. ①産後、大変だと思った時期がある母親は92.3%
  2. ②特に大変だった時期は産後早期が多い
    (産後1か月まで25%、産後4か月まで31%、産後6か月まで12%)
  3. ③大変だった内容
    • 「寝不足」
    • 「自分の時間がもてない」
    • 「母乳育児がうまくいかない」
    • 「気分の浮き沈み」

    の順で多く、産後の母親の心身の大変さ、児のペースでの生活、母乳育児の困難感がうかがえる

  4. ④産前産後にどんなサポートがあったらよかったか?

    • 「母乳育児支援」
    • 「母親のためのお弁当や総菜の販売」
    • 「赤ちゃんの託児」
    • 「産後早期から母親同士が交流できる場所」
    • 「日帰り型産後ケア」
    • 「産後早期から子連れで食事にでかけることができる場所」

    の順で多く、産前産後の母親のニーズは、母乳育児支援、食事の提供、託児、交流、休息が多いと考えられる

  5. ⑤赤ちゃんの託児希望時間
    2時間~3時間が多く、1時間~3時間までで全体の82% このことより産後の託児希望は短時間でも利用できる場所が求められていると考えられる

設問内容

  1. 現在、あなたのお子様は何人いますか?
  2. 産後、大変だと思った時期はありましたか?
  3. 特に大変だった時期は、産後どれくらいの時期でしたか?
  4. 3)の時期は、どんなことが大変でしたか?あてはまるものすべてに○を記入してください。
    • ・産後の身体の不調
    • ・寝不足
    • ・気分の浮き沈み
    • ・ベビーがよく泣く
    • ・母乳育児がうまくいかない
    • ・育児が自分の思い通りにならない
    • ・自分の時間がもてない
    • ・経済的不安
    • ・家事と育児の両立
    • ・家族の協力が少ない
    • ・夫の理解がない
    • ・相談できる人がいないどこに相談したらいいかわからない
    • ・その他→(自由記入)
  5. 産後の身体の不調
    • ・寝不足
    • ・気分の浮き沈み
    • ・ベビーがよく泣く 
    • ・母乳育児がうまくいかない
    • ・育児が自分の思い通りにならない
    • ・自分の時間がもてない
    • ・経済的不安
    • ・家事と育児の両立
    • ・家族の協力が少ない
    • ・夫の理解がない
    • ・相談できる人がいないどこに相談したらいいかわからない
    • ・その他→(自由記入)
  6. あなたの産前~産後の生活について、自由にご記入ください
  7. ご自分の経験の中で、産前~産後にこんなサポートがあればよかったと思うものに〇を記入してください(複数可)
    • ・赤ちゃんの沐浴サービス
    • ・赤ちゃんの託児(○時間くらい)
    • ・母乳育児支援(助産師による授乳の相談や乳房ケア)
    • ・宿泊型で、ママが休息をとりながら育児技術を習得できる場所
    • ・日帰りで、ママが休息をとりながら育児技術を習得できる場所
    • ・産前産後の母親の身体ケア(具体的に:自由記入)
    • ・家事支援(炊事・洗濯・掃除・買い物などの訪問サービス)
    • ・産後早期から母親同士が交流できる場所
    • ・産後早期から子連れで食事にでかけることができる場所
    • ・ママのためのお弁当やお惣菜の販売や宅配
    • ・子連れで外出できるための送迎
    • ・お産・産後の生活に向けての産前からのイメージづくり
    • ・妊娠する前からのいのちの教室
    • ・乳幼児のお母さんのためのいのちの教室
    • ・思春期の親子のためのいのちの教室
    • ・その他(自由記入)
  8. よつば助産院へのメッセージや「はぐあすプロジェクト」へのご意見などがありましたら、ぜひ、お願いいたします!


回答内容

1. 現在、あなたのお子様は何人いますか?

子どもの人数の円グラフ

2. 産後、大変だと思った時期はありましたか?

あり 229人
なし 16人

3. 特に大変だった時期は、産後どれくらいの時期でしたか?

特に大変だった時期の円グラフ

4. 3)の時期は、どんなことが大変でしたか?

大変だったことの内容の円グラフ

その他・自由記入分
  • 自分のやり方があっているかわからなかった
  • 母乳を飲んでくれてるのか、大きくなっているのかわからなかった、すぐ吐いてしまう
  • 食べさせることに苦労した
  • 抱っこをしたままじゃないと泣いてしまう、何もできない
  • 仕事、家事、育児の両立で寝不足
  • 実家や親戚を頼って仕事をすべきだと言う職場、親戚の目
  • 身内の病気が発覚し、頼れる人がいなかった
  • 連れ子と実の子への対応の差(夫と祖父母)
  • 不安になったり心配にはなったけど「大変」とは思わなかった
  • 宅配スーパーや家事代行サービス代が高い
  • 夜、子供が寝なかった
  • 母乳育児が大変だった(マッサージをしたりなど)
  • ファミサポを受けたくても金銭的余裕がないと無理
  • 上の子を連れて支援センターに行けない
  • 実家での実母との関係、育児本とアドバイスの差
  • 上の子の赤ちゃん返りとイヤイヤ期、メンタルケア→上の子を可愛いと思えなくなった
  • 助産師さんの元に行くのも一苦労
  • 熱や喘息になった
  • おむつかぶれがひどかった
  • アレルギー発覚後の食事
  • 姑問題、仕事復帰
  • 子供が母親しかダメで離れられない
  • 転勤のための引っ越し
  • 両親の他界により、預け先がない
  • 布団に置くと泣いてしまう
  • 県外で頼る人がいない
  • 普通が何かわからなかった
  • 孤独を感じる
  • 話し相手がいない

5. あなたの産前~産後の生活について

自由記入項目 産前産後の母親の身体ケアについて
  • ゆっくりお風呂に入ること
  • 肩こり解消のマッサージ
  • マッサージの講習
  • 睡眠がしっかり取れること
  • 抱っこ疲れ、育児疲れに負けない体づくり
  • 骨盤矯正、腰痛、痔、恥骨痛、腱鞘炎、尿漏れ→産前から
  • ホルモンによる体調不良についての指導、ケア
  • 赤ちゃんが泣いてても対応してくれる、休める時間がある
  • 赤ちゃんの発達に合わせた体の使い方
  • 傾聴、買い物代行
  • 姿勢の指導
  • ヨガ
  • 柔軟
  • 相談窓口
  • 外陰切開をしたところの痛み
  • 授乳による鉄欠乏の検査、食事指導
  • 子供と離れてマッサージ
  • 筋トレ

6. ご自分の経験の中で、産前~産後にこんなサポートがあればよかったと思うものに〇を記入してください(複数可)

赤ちゃんの託児の円グラフ
産前産後にこんなサポートがあれば良かった内容の棒グラフ

その他・自由記入
  • ワンオペ育児をなくす為にも父親に自覚をさせる義務的な教育的な教室を開く
  • 次から次へと増える悩みに対して相談ができる場所
  • お母さん1日の時間でリフレッシュできる場所
  • 子供たちだけで安心して遊べる安全な場所
  • 短時間の託児(スーパー行く間、ご飯を食べる間)
  • 赤ちゃん連れの歓迎の場所
  • 託児付きの料理教室やちょっとしたワークショップ
  • 性教育の授業
  • お母さんのためにヘアサロン、病院、リフレッシュできる場所の紹介(引っ越しをしてきた方とかのために)
  • 簡単に手に入るように
  • 兄弟児の預かり
  • 家に様子を観に来る
  • 1人目、2人目別でゆっくり触れ合え、みれる時間
  • 子供を遊ばせながらゆっくりお茶ができるところ
  • 初めての外出に付き合ってくれる
  • 体調不良のとき、同室で面倒を見てもらえる
  • 低出生の赤ちゃんを病院、地域で連携してフォロー(病院、助産師、小児科、NICU)
  • 父親の育児技術の習得の場(産前〜産後)
  • 離乳食のガイドブック

7)よつば助産院へのメッセージや「はぐあすプロジェクト」へのご意見などがありましたら、ぜひ、お願いいたします! 

  • 取り組みが高知のお母さんたちの幸せにつながりますように。
  • 子育てするのに、いつまでたっても悩みが消えません。
  • 少しの時間だけでも託児をしてくれる場所があると嬉しい。
  • 人と繋がりながら母も赤ちゃんも成長できる環境が整うようになればいいですね。
  • パパに対しての教育が必要だと心から思います。
  • 産前・産後は金銭的に余裕がなく、良心的な金額だとありがたいです。
  • 現代に適した母親への支援が必要だと思っています。
  • 0歳育児の真っ只中にいると、本当に必死でした。このようなプロジェクトは素晴らしいと思います。
  • 心温まる未来への投資、応援しています。
  • 初めての妊娠、出産ははっきり言っていいことしか想像していなかった私には、現実がこんなに大変だと思わず病みました。私と同じようなお母さんたちが少しでも気持ちが楽になり子育てできるサポートを。
  • たくさんのママたちの憩いの場にしてほしいです。
  • コンセプトに共感します。人とのつながりや母親にも居場所があ
  • ると感じることができることは、子育てにとって大切だと思います。

  • 添加物が気になるので、安心して食べられるお弁当やお惣菜があったらどんなにありがたいか・・・
  • 子どもや夫に全く関係ない話をしたくなる。
  • 出産前のサービスがあまり充実していないような気がする。
  • 平日一人で子育てを初めてやってみて、孤独感に押しつぶされそうになりました。はぐあすのような場所がぜひ必要です。
  • 短時間でも子供をみてもらえることがあれば、家事がしやすい。
  • 子どもはたくさん産みたいけれど、育てていくことへの不安もある。
  • ママの心の元気は家族の笑顔の源だと思うので、ぜひ頑張ってください。
  • 育休中は経済的な不安もあるため、利用料が高いと利用したいのに利用できないです。
  • 低月齢から預けられるところがあると助かります。
  • いつ行っても誰かいて、誰かに悩みを話せる環境は必要だと思います。
  • 2人目妊娠中ですが、出産前後で1人目を預ける場所が見つからず不安です。
  • 子どもを連れていると、なかなか外食できないのでカフェができてくれると嬉しいです。
  • 同じ思いや悩みを共有できる、「そうだよね」という存在が一人いるだけで違うんだろうなと思います。
  • ママの笑顔が子どもの笑顔になり、それが社会の笑顔になると思う。
  • 乳児を連れてゆっくりできる場所が土日祝日もあったら嬉しい。
  • 実家から離れて育児をしなくてはいけないママさんには、とてもありがたいサービス。
  • 妊娠中からサービスを知ってイメージしておくことで、産後の生活がスムーズに送れるのではないかと思いました。
  • 少しでも多くのお母さんが気楽に行ける癒しの駆け込み寺のような空間になりますように。
  • 子どもを地域でともに育てる、1人じゃないと思えることで救われるお母さんはたくさんいると思います。
  • 困っていることを聞いてもらうところがあるという気持ちだけで救われる。

その他にも「楽しみにしてます!」「応援しています!」「協力したいです!」というお母さんたちの声も多数いただきました。
ありがとうございました。